川内自興園オータムバザー・妙円寺文化祭参加

11月11日土曜日に障害者支援施設川内自興園で開催されたオータムバザーに参加してきました。

前日は雨だったので、当日の天気を心配しましたが、その心配を吹き飛ばすぐらい綺麗な秋晴れの中での開催となりました。

 

 

 

 

毎年、利用者の皆様が訓練の中で制作した陶芸作品、木工作品、手工芸作品を展示・販売させていただいております。

利用者の皆様がリハビリの一環で制作した数多くの味のある作品。

ゆすの里は2日間のうち1日だけの参加となりましたが、それでも多くのお客様が訪れ、作品を手に取り、購入していただきました。今回は利用者の方も初めて販売に参加し、お客様との交流を楽しまれ、そのせいもあってか、いつもよりたくさん売れた気がしました。

売上は、利用者の皆様に生産活動工賃として還元させていただきます。

 

 

 

また、同日、妙円寺地区の文化祭にもゆすの里の作品を展示させていただきました。

多くの方にゆすの里を知っていただく機会になったと思います。これからも地域住民の方々からの信頼を得られるよう地域に開かれた施設づくりを目指していきたいと思います。

 

10月行事食

ご当地メニュー(奈良)(10月11日)

【献立】天理ラーメン・焼き餃子・もみうり・柿

 

 

 

 

 

 

デザートバイキング(10月18日)

【献立】チーズケーキ・ガトーショコラ・どら焼き・シュークリーム・プリン

(共通メニュー)チキンライス・グリーンサラダ・コンソメスープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートバイキングを年に1回実施しています。何が食べたいか聞き取りを行い、人気の高かった5種類の中から事前に、利用者の皆様にお好きなデザートを2種類選んでいただきました。シュークリーム・チーズケーキがとても人気でした。どれを選ぶかなかなか決めれず迷ってる方もいらっしゃいました。「ケーキと一緒にコーヒー飲みたい♡」という要望にお応えして、コーヒーの提供も行いました。「シュークリームあと3つくらい食べたかった~」、「全部、手作りなの~!!美味しかった(^^♪」、とても喜んでいただきました。

彩りプレート(10月25日)

【献立】十六穀米・豚肉のごぼう巻きフライ・魚のバジル焼き・ミートグラタン・南瓜サラダ・里芋の田楽・清まし汁・ミニケーキ

 

 

 

 

 

 

ハロウィンメニュー&焼き立てパン(10月31日)

【献立】焼き立てパン(デニッシュパン)・パンプキンシチュー・メキシカンサラダ・フルーツゼリー

先月焼き立てパンの提供が好評だったので、ハロウィンの日に合わせて昼食時に「第2弾!!焼き立てパン」を提供しました。

今回は、セレクトメニューではなく全員デニッシュパンを提供。見た目はアップルパイのように見えますが、食べてみると、総菜パン!!驚いている利用者の方もいらっしゃいました。パンが大好きな利用者の方が多いので、これからも献立に取り入れていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハロウィン気分を盛り上げるため、食堂をはじめ施設内のあらゆる場所に飾りつけを行いました。

令和5年度グラウンドゴルフ大会開催‼

10月26日木曜日、令和5年度ゆすの里グラウンドゴルフ大会を開催しました!

気持ちの良い秋晴れの空の下、56名の利用者の方々が参加され、全8ホールのコースを順番に回りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

各コースの微妙な傾斜に苦戦されながらも、なるべく少ない打数でカップインできるようにパットを打つ角度や力加減などを工夫されながら真剣にラウンドされていました。ボールが思ったように転がっていき、カップに入ると満面の笑みで「やったぁ!」とガッツポーズをされるなど、1年ぶりのグラウンドゴルフ大会を楽しまれていました😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加された利用者の方々からは「ホールインワンが出て嬉しかった」、「思ったよりも難しくて上手くいかなかったけど天気が良くて楽しかったね」などの声が聞かれ、久しぶりの屋外での活動で良い気分転換となったようです♪

来年度のグラウンドゴルフ大会も今回以上に利用者の皆様に楽しんでいただけるように企画、準備を進めていきたいと思います。

総合防災訓練

10月19日に総合防災訓練を行いました。

秋晴れの中 職員と利用者の方々、総勢91名が参加しました。

今回の訓練では、日置市消防署より4名の消防士の方々におこしいただき食堂で火災が発生したことを

想定して自衛消防隊による初期消火・消防署への通報・利用者の方々の避難場所への誘導を行い、

ご指導と講評をいただきました。

  

日置市消防署の前之園様より、利用者の方々へ「もし火事を発見したら①「家事だ」と大きな声で叫びましょう②職員に知らせましょう③ご自身の身の安全をはかってください④火災が発生しもし逃げ遅れた場合には大きな声で叫んでください」。とご指導いただきました。

    

 

利用者の方々から「避難訓練は、ここにきて3回目だけど避難する場所がわかってよかった」や「はじめて参加しましたが、訓練の規模が大きいですね。訓練は大切ですよね。参加できてよかったです」等の声が聞かれました。

 

もしもの時に備え、すべての利用者の方々に安全に避難していただくことができるように今回の総合防災訓練を活かしていきたいと思います。

 

すまいるおでばい、行ってきました😊

令和5年度、3回目となる『すまいるおでばい』に行ってきました♪

青空の下、車に乗り込み出発です!

まずは江口蓬莱館へ。海をバックに記念撮影📷

「久しぶりに海を見れた」「潮風が気持ちいね」と楽しげな会話が広がっていました♪

 

続いては、こだわりとんかつ 味工房みその へ!

それぞれ注文されたメニューに舌鼓を打たれ、「おなか一杯になった!」とのこと😋

どれもボリューム満点でしたが、皆さんしっかり召し上がられていました😊

 

最後は、ジェラート工房 Paceへ!

  

とんかつで「おなか一杯」になっていたはずでしたが、デザートは別腹🍨

9月末とは思えぬ暑さもあり、おいしさは格別だったようです♬

 

帰園後には「次のおでばいはいつなの?」と聞かれる方もおられ、楽しい時間を過ごしていただけたようです。

今度はどこに行こうかと職員も楽しみにしながら、次回のおでばいを計画中です😊

9月行事食

焼き立てパンセレクトメニュー(9月14日)

【献立】ショコラデニッシュ棒・カレーチーズパイ・メロンパン・りんごクリームデニッシュ・トリプルピザ・餡クロワッサン

(共通メニュー)シーザーサラダ・コンソメスープ

ただいま発酵中🥐

焼き立てパンが焼きあがりました。準備OK!!

 

5種類の中から2種類選んでいただきます。混雑を防ぐ為、事前に食べたいパンをお聞きしました。

「結構、1つ1つが大きいね~!」「この2種類を選んで良かった🥐」「本音を言えばもう1個食べたかったなぁ~☻」などとても喜ばれていました。普段あまり食べない方も温かい焼き立てパンが配膳されると、笑顔で食べていただき、大好評でした。

 

お彼岸メニュー(9月22日)

【献立】おはぎ(餡・きなこ・黒ゴマ)・煮しめ・なます・赤だし

十五夜メニュー(9月29日)

【献立】ご飯・月見ハンバーグ・里芋の田楽・清まし汁

  

園内に、秋の味覚やススキが飾られ、お月見の雰囲気を味わいました。

 

季節を感じていただけるよう、これからも旬の食材や季節の行事を取り入れていきたいと思います。またパンが大好きな利用者の方が多いので、アイデアを出し合いながら、第2弾を考えていきたいと思います。パンの種類がまだまだたくさんあるので、お楽しみに~!!

看護師の業務内容について☆彡

ゆすの里の看護業務についてご紹介します。

業務に従事する看護師は、毎朝利用者の皆様一人ひとりに声をかけを行いながら、検温などの健康観察(バイタルチェック)を行っています。

1日2回健康観察を行うことで利用者の皆様の体調を把握することができます。

(血圧測定の様子)

定期的な通院が必要な利用者の方については、あらかじめ受診予定をたて、通院送迎の声かけを行い、受診後の状況把握を行っています。

また、服薬については、服薬カレンダーや薬箱を活用し利用者自身で服用できるようお手伝いをしています。

利用者の方の多くは「自分のことは自分でできるようになりたい」と意欲的に取り組んでおられます。

(服薬カレンダーの様子)

さらに、利用者の皆様が自分自身の健康を維持することができるように、セルフチェックとしての検温や自動血圧計を使用した血圧測定を通して自ら体調管理に努めていただくよう支援しているところです。

感染症予防対策研修

9月28日に「感染症予防対策」のための職場内研修を行いました。

感染症に関する研修は毎年行っていますが、今回は、感染拡大を防ぐための具体的な対応等について講師から説明を受けたあと、実際に施設で発生した場合を想定し、防護具等の着脱の実演を行いました。


<防護服の着用の練習>

<マスク・ガウン・手袋フェイスシールドの脱着の実演>

参加した職員は、いざという時に備えて真剣な表情で取り組んでいました。

ゆすの里では、施設内での感染症の発生や感染拡大を防ぐため、引き続き感染症対策に取り組んでいきたいと思います。

併せて、利用者の皆様に安心・安全な生活を送れるよう職員の資質向上に努めてまいります。

障害者支援施設ゆすの里 施設のご案内《ご利用者さま募集中です!》

 

032

 

障害者支援施設 ゆすの里では、高次脳機能障害や身体に障害をお持ちの方に実践的なリハビリテーションを行うとともに、知的障害や精神障害のある方を対象にした生活介護や生活訓練のサービスを提供し、日々の生活やリハビリを通して楽しく安心し、自分らしく生活できるよう支援に努めております。

 

日中に「個別のリハビリテーション支援」また「通う場所」として、生活介護プログラム・自立訓練プログラム・通所支援を行っております。

 

また、「住む場所」「地域での自立生活へ向けた支援」として、日常生活のサポートに加えて夜間支援のある施設入所・短期入所など、様々な形態の支援を行える施設を運営しております。

 

鹿児島県下唯一の入所型リハビリテーション施設として、リハビリの専門家がおひとりおひとりの身体の状況に応じてプログラムを作成し、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による医学的視点に基づいた訓練メニューにより、スムーズな地域移行を支援しております。

 

 

031  028

 

 

ゆすの里では、「入所」「ショートステイ」「通所」各サービスのご利用者さまを募集しております。

完全バリアフリーの木のぬくもりを大切にした居心地のよい空間には、利用者さまひとりひとりのプライバシーに配慮した完全個室の居室と、看護師と介護士による健康管理、日常生活のサポート体制も整えています。

専門スタッフによる24時間体制のきめ細やかなケアで安心してお過ごしいただけます。

 

新型コロナウイルス感染対策を行いながら、見学も受け付けております。

ぜひお気軽にご相談、ご見学にお越しください。

(※感染症対策のため、事前のお電話予約をお願いいたします。)

 

 

 

 

 

お問い合わせ

社会福祉法人鹿児島県社会福祉事業団

障害者支援施設 ゆすの里

099-273-4175

平日9:00~17:00

職場実習

9月は障害者雇用支援月間となっております。

ゆすの里でもコロナウイルス感染症対策によって中止していた職場実習を再開しました。

今回の実習先は日置市役所。

路線バスを利用し、無事、実習先に到着すると市役所内を案内された後に、実習に移ります。

作業内容は、封筒づくりです。市役所内の部署同士の連絡用として使う封筒に紙を張ります。

最初は液体糊を使っていましたが、付けすぎて上手くいかなかったこともあり、スティック糊を使用することで順調に作業をすることができました。

その後、市役所内のシュレッダーのゴミ回収も行いました。

Aさんは、高次脳機能障害(記憶障害)があるため、指示された内容を携帯電話のメモ機能やカメラ機能を使って、確認することで記憶を補完することができ、スムーズに作業を行うことができました。

慣れない作業で疲れはあったようですが、市役所の担当の方の「本当に助かります。ありがとうございました。」の言葉に、Aさんも「久しぶりに通勤や簡単な作業をしましたけど、市役所の方々、皆優しくて非常に働きやすかったです。良い経験になりました」と喜びを感じていたようでした。

ゆすの里では今後も、就労前プログラムの一環として、職場実習の機会を多く取り入れて利用者の皆さんの社会参加に向けたお手伝いをしていきたいと思っています。