リハビリテーションの紹介

訓練室の様子

ゆすの里は、県内唯一の「リハビリテーション」をメインサービスとした障害者支援施設です。

ゆすの里では、身体に障害のある方や高次脳機能に障害のある方などに対して、ご本人が希望する「自立(自律)生活」を実現するために、実践的なリハビリテーションを行っています。

日中活動系サービス

生活介護定員40名

自立訓練(機能訓練)定員30名《利用期限は原則として1年6月です》

自立訓練(生活訓練)定員10名《利用期限は原則として2年です》

居住系サービス

施設入所支援定員70名《利用期限は選択する日中活動系サービスに準じます》

短期入所定員2名+空床型

 

■理学療法■

rigaku

運動療法や物理療法を用いて,自立生活を目指したリハビリテーションを行います。

■パソコン訓練■

pc

パソコンやタブレットの基本的な技術の習得や、 高次脳機能障害の方への脳トレ等を行います。

■言語・心理・認知療法■

gengo

高次脳機能障害の方や個々に応じた認知療法・言語療法・心理療法などの訓練を行います。

■作業療法(工芸科-木工)■

sagyo

木工作業を通して、利き手交換、随意性、握力・ピンチ力等の筋力の維持向上を図ります。

■作業療法(工芸科-陶芸)■

kougei

陶芸作業を通して、利き手交換、つまみ動作、感覚促通、筋力等の維持向上を図ります。

■作業療法(生活科)■

seikatsu

創作活動レクリエーションを通して、 身体残存機能の維持・向上を図ります。

■訓練(身辺整理訓練)■

kunren

整理整頓、洗濯動作等、一連の動作に関する訓練を行い、自立度を高めます。

■訓練(交通機関利用訓練)■

kunren2

日常生活関連動作の訓練により、 社会適応能力の向上を図り、社会生活の自立を目指します。

■グループワーク■

group

高次脳機能障害の方を対象に、社会生活技能の改善向上を図るため、グループワークを行います。