施設の基本方針

施設の基本方針

 障害者に対してその自立と社会参加を促進する観点から、個々のニーズや状況に応じた支援を適切に行い、利用者の立場に立った障害福祉サービスの提供に努めます。

  1. 利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立った質の高いサービスを提供します。
  2. 施設の持つ専門的機能を生かし、利用者が自立した日常生活及び社会生活をおくるための支援を行います。
  3. 利用者の安全・安心に配慮しつつ、地域に開かれた効率の高い施設運営を目指します。

利用者の権利等について

 利用者個人の尊厳と権利を守るために確固たる倫理観をもって、利用者一人ひとりの自己実現に寄与していきます。

  1. 利用者一人ひとりをかけがえなのない存在として尊び、生命及び身体の安全を守ります。
  2. 利用者に対して一人ひとりの人間としての基本的な権利を守り、いかなる差別、虐待、人権侵害も許しません。
  3. 利用者一人ひとりを尊び、身体的及び精神的暴力は絶対行いません。
  4. 利用者の地域住民としての権利を守り、その人らしい豊かな安心のある生活が送れるよう自立を支援します。
  5. 利用者一人ひとりのプライバシーを尊重し、個人の秘密を守り、利用者が安心して生活できるよう努めます。
  6. 常に利用者が自由に意見を述べられるよう配慮し、一人ひとり意見や要望・苦情を大切に受け止めます。
  7. 利用者が求められる情報を積極的に提供するとともに、分かりやすい方法で説明します。
  8. 利用者の支援にあたり、自らの意志で選択・決定する権利を尊重します。
  9. 福祉の専門職としてより高度な技術や知識の習得に努め、利用者が快適で豊かな生活が送れるよう質の高いサービスを提供します。